業務の紹介

 



 

神奈川県不動産コンサルティング協議会 会長 
大塚 亮一


この度、神奈川県不動産コンサルティング協議会の会長職に就任することとなりました。
(公社)神奈川県宅地建物取引業協会におきましては副会長を拝命しております。

 当協議会は「国土交通大臣登録証明事業」により登録された資格者(不動産コンサルティングマスター:*)の内、神奈川県在住の個人・法人の有志を中心に組織された団体です。(*:この資格取得要件は当協会のHPをご覧下さい。試験科目は経済・金融・税制・法律・建築・事業・実務です。URL : http://www.k-con.jp)

 今や「不動産」は、固定資産としての価格評価のみならず金融資産としての価値の評価が大きな意味を持つものとなって参りました。
 不動産から生じる数多の果実が、そして事象が、これに関わる人々の生業や人生に大きく影響を及ぼして参ります。
 その多面性を持つ「不動産」の有効な活用法をセレクトし、また所有者をはじめそこに関わる人々のニーズと何が重要であるかを明確に示唆し、消費者・ユーザーの要望を実現に結び付けていく。その作業は豊富な経験と知識を有した私たち協議会のメンバーが、多角的な見地からの提案、助言など、より良きコンサルティングにより実現させて参ります。
 そのため私たちは税理士会、建築士会、不動産鑑定士協会等々の専門分野関連業界との連携を深め、消費者支援の強化を図っております。

 昨今、世の中はAIやIOTの話題で賑わっております。しかしながら、これらはあくまでもツールであり、行きつくところは人、人への還元であります。
 多彩な顔を持つ不動産に、人が思い、人がツールを駆使して考案し行動する。そして人と人とが会し、語り、その不動産から何かが生まれる。
 私たち協議会は、皆様の身近な手の届くところにいます。私たちコンサル業界の活動が、消費者・ユーザーにとってかけがえのない存在として深く認識して頂けますよう研修、研鑽を重ねて参ります。
 コンサル業界の発展は、これからの不動産業界においても、新たな価値観の展開と構造の変革に大きく影響を与えるものと思っております。
 「不動産」という資産にコンサルという触媒が作用し、明るい希望に満ちた新しい世界が生まれる。そんなことを想像(イメージ)し、創造(クリエイト)してみたいと夢を描いています。

 これからも、無料相談会等を通じ皆様の身近にいて、いつでも皆様と一緒に進んでいきたいと思っているコンサルティング協議会をよろしくお願いいたします。